Ryoichiro Yoshida | Japan

Ryoichiro is one of two musicians in The Yoshida Brothers (吉田兄弟). Ryoichiro joined the Non-Violence Project Japan as Peace and Non-Violence Ambassadors in 2015.

The Yoshida Brothers.jpg

The two brothers are performers of the traditional Japanese music style of Tsugaru-jamisen which originated in northern Japan. They debuted in 1999 in Japan as a duo playing the shamisen. Their first album sold over 100,000 copies and made them celebrities in Japan. Their music has been a fusion of the rapid and percussive Tsugaru-jamisen style along with Western and other regional musical influences. In addition to performing songs that are only on the shamisen, they also use instruments such as drums and synthesizers. 

  • 吉田良一郎氏(兄・左)
  • 吉田健一氏(弟・右)
  • 津軽三味線奏者「吉田兄弟」
  • 北海道登別市出身の津軽三味線の兄弟奏者。数々の賞を受賞し、日本国内に留まらず、世界中で幅広く活躍中。 共に5歳より三味線を習い始め、1990年より津軽三味線奏者の初代・佐々木孝に師事。津軽三味線全国大会(青森県弘前市)などで頭角を現し、1999年にアルバム『いぶき』でメジャーデビュー。 民謡界では異例の10万枚を超すヒットを達成する。 伴奏楽器の三味線とは異なる器楽としての津軽三味線独特の魅力を強調し、オリジナル曲を多数作曲。 三味線に興味などなかった若い層にリスナーを広げている。日本国内はもとより、アメリカやヨーロッパ、アジアでも広く活動し、日本の伝統芸能の枠を超えてワールドワイドに活躍出来るアーティストとして、今後がさらに期待されている。