Akira Sasaki | Japan

Akira Sasaki (佐々木 明) joined the Non-Violence Project Japan in 2015. Akira is a Japanese alpine skier.

(Photo_Christophe Pallot Agence Zoom/GettyImages)

His best result is from 2003 slalom in Wengen, where he finished in second place with starting number 65.

Sasaki represented Japan at the 2002 Salt Lake City Winter Olympics, 2006 Torino Winter Olympics and in In Vancouver 2010 Winter Olympics participating in slalom and giant slalom,

  • 佐々木明氏
  • スキーヤー・冒険家
  • 日本代表としてソルトレークシティ五輪、トリノ五輪、バンクーバー五輪に3大会連続出場。 アルペンスキー・ワールドカップでは日本人最多の3回表彰台に立った。 東日本大震災で被災した子どもたちに雪のすばらしさを伝えながら心を癒すための「雪育遠足」を主宰するなど精力的に活動を続けている。
  • 皆様へのメッセージ 初めまして佐々木明と申します。 私は19歳から2014年のソチオリンピックまでオーストリアのインスブ ルックに拠点を置きながらアルペンスキーで世界を転戦してまいりました。その中で多くの人種と交流し多くの人々に出会い数々の国へ行きスキーを通して人と 人の繋がりを経験してまいりました。ソチオリンピック後は、ビッグマウンテン・スキーヤーに転身し世界中の自然の山々を自らの力で登り滑走し撮影を繰り返 し写真や映像作品を残す活動を行っております。今まで以上に世界に出る事で世界中の人々、言語、歴史、習慣に触れる旅をしています。

その中でこの活動は世界中の人々が人種、肌の色、言葉の違いを超え世界が平和になる事を心から願い賛同したムーブメントです。私は先に紹介させてい ただいたように世界中を旅し色んな人種の方々と接してまいりました。そして不思議ではありますが私が触れ合う方々は平和を願いピースな心を持ち活動をする 方々が多いのです。

私も世界を旅する事で人生を豊かにしたい。決して足を止めたくないというテーマのもと日々を過ごして おります。それには平和は絶対要素です。さらに私は3児の父親でもあります。この日本でも近年もの すごく多く聞く事件、それはDVです。 そんなニュースを見る度に心が苦しくなる。未来は永遠に子供達の物です。私たち大人は、永遠に生まれ続ける子供達の為によりよい未来を作る事が使命だと思っております。

この活動の中で私は平和という物、事、感情、あらゆる事をより多くの方々と共有していけたら幸いです。 そして一人でも多くの笑顔を一つでも多くの命を幸せを心からセーブ出来る事を祈っています。